会長挨拶

神奈川県損害保険代理業協会 会長 雨宮豊

ようこそ、一般社団法人神奈川県損害保険代理業協会(略称 神奈川代協)のホームページへ。
平成28年5月より神奈川代協の会長を拝命いたしました雨宮です。

神奈川代協は損害保険業界を代表する職業団体である一般社団法人日本損害保険代理業協会の正会員であり、神奈川県下の6支部、482店(平成28年5月現在)の損害保険代理店の会員とともに募集人・代理店の資質の向上、健全な募集環境の整備、会員相互の信頼の構築に取組み、消費者の利益に貢献すべく日々研鑽に励んでおります。

また、平成25年度より展開した神奈川代協内での各種委員会活動も役員・会員の皆様の努力で各支部に至るまで組織が確立され、活動の専門化・細分化が図れたとともに組織としてのガバナンス強化にもつながりました。今後も積極的な委員会活動により会員サービスの向上を図るとともに支部活動の更なる活性化を目指して参ります。

さて、平成28年5月29日に施行された改正保険業法にて、保険募集人には意向把握・情報提供の義務が、保険代理店には体制整備の義務が課されました。この改正は我々保険代理業者にとって平成8年の保険業法施行以来の大改革ではありますが、施行の目的は保険契約者、被保険者の徹底的な保護を目指すものであり、その精神は社会の安定と消費者の利益の追求のため、資質の向上を自らに課している神奈川代協と神奈川代協会員の精神と全く同じものであります。私どもは改正保険業法を「自ら」のものとし消費者が求める安全と社会が求める安定のため日々活動いたして参ります。

今年度も各種セミナーの開催、損害保険大学課程コンサルティングコース受講勧奨、献血運動等の社会貢献活動、地震保険普及キャンペーンや防犯奨励活動を展開いたします。
また、公開講座、消費者団体との懇談会、学校教育への取組みとして高校生出前講座等の実施も各支部、各委員会とともにその実施を計画して参ります。
是非とも神奈川代協非会員の保険代理業の皆さまには、一人でも多くの方が私たちの仲間となっていただき活動に参加していただくことを心より願っております。
新米の会長ではございますが、何卒 宜しくお願い申し上げます。

平成28年5月

一般社団法人神奈川県損害保険代理業協会 会長 雨宮豊

▲このページの上へ